詐欺被害・調査
天才バカボンNAVI
『天才バカボン』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
主要登場人物
本官さん

声優
田の中勇第1作
肝付兼太第2作
千葉繁第3作・第4作

キャラクター解説
「日本で一番ピストルの弾を使うおまわりさん」ともいう(なお二番目にピストルの弾を使うおまわりさんは、西部警察の大門圭介というのが定説になっている)。一時は「ピストルのおまわりさん」が公式名称だった。パパと幼馴染みで、両方の目玉が眉間のところでつながっている。パパには原作では「おまわりさん」、アニメでは「本官さん」と呼ばれる。私設派出所(表札は第2作では「横丁交番」だったが、第3作では「こうばん」となっている、第4作では屋根にローマ字で「KOBAN」と書かれている)に常駐し、とにかくピストルを撃ちまくる。これが原因で警察をクビになったこともあったが、すぐに復職する。出身は埼玉県新座市である。趣味は鉄道模型で、KC庁模型クラブで優勝したことがある。ちなみに優勝作品は「デゴイチ三重連」。連載開始当初は登場しておらず、その代わり?目玉がつながっていない普通の警察官が出てきていた(ただし、毎回顔が変わっていた)。なお、本名は白塚フチオ(第3作では『綱刈本官』とされた)、勇という子供がいたが、あまりの嘘つきのため夜中にお腹が痛いと訴えたのを無視した際死亡。勇が面白がってついたウソで死に追いやられた医者の隣の墓に葬られる。アニメ版で使用しているピストルは、第3作までは実弾を使用していたが、第4作では音だけしか出ないモデルガンという設定になっている。これはテレビ東京の規制が厳しいことに加え、当時は国内で警察不祥事や海外で銃乱射事件が起こったりしていたのでそれらを配慮した物と思われる。鼻の穴は、第1作では2つだが、第2作以降、四角い鼻の穴1つになる。帽子の下は植物の双葉のようなつつましやかな髪型だが、第2作、第3作ではモヒカン。
出典:Wikipedia

バカボンのパパ
バカボン
ハジメちゃん
バカボンのママ
レレレのおじさん
凡田先生
中村くん
さくらちゃん
ウナギイヌ
バカ塚不二夫

懐かしいアニメ漫画HOME
鉄人28号 サイボーグ009 銀河鉄道999 エースをねらえ! 三つ目がとおる 鉄腕アトム 天才バカボン キャンディ・キャンディ マジンガーZ カムイ伝 プロゴルファー猿 エスパー魔美 キテレツ大百科 一休さん キューティーハニー グレートマジンガー 忍者ハットリくん ど根性ガエル 釣りキチ三平 漂流教室

天才バカボンNAVI
無印 家具 一本化 毛穴ケア